外壁塗装で家を長持ちさせる|優良業者の選び方を徹底解説

  1. ホーム
  2. 施工の流れを見てみよう

施工の流れを見てみよう

ハケ

汚れ除去がポイント

外壁塗装を行うとき、京都の業者は近所の方に工事の挨拶に回ってくれるのが普通です。そして、京都の業者は外壁塗装の前に足場を組み立て、塗料がしっかりと接着するよう高圧洗浄で汚れや苔、ホコリなど全て洗浄します。汚れのひどい箇所があれば手作業でサンドペーパーなどを使って研磨します。塗料の耐久性を高めるためには、しっかりと汚れを取ってあげることが大事です。サイディングボードの場合は、ボードの継ぎ目にコーキングを打ってあるものですが、劣化しているので新しく注入します。また、サッシ周りにもコーキングされているので、そこも剥がし新しいコーキングを打ち直します。角度的に古いコーキングの撤去が難しいときの対応法は増し打ちです。これらの下処理が終われば、京都の業者は外壁塗装による塗料の飛び散りを防ぐために養生をします。養生とはビニールやテープ、布などを使って窓や地面、植木などの塗りたくない場所を覆うことです。養生が済めば外壁塗装の本番で下塗りに入りますが、これによって小さいひび割れを補填することが可能です。また、重ね塗りする塗料をしっかりと密着させる目的もあります。仕上げと下塗りの色を変えることで、塗り残しがないか確認できます。下塗りの次は上塗りで、凹んでいる部分は刷毛を、大部分をローラーで塗るのが一般的です。塗料が乾いたら、京都の業者は塗料の飛び散りや塗り残しがないかを入念に確認して仕上げます。最後は足場を解体し、周辺を掃除したら工事完了です。