外壁塗装で家を長持ちさせる|優良業者の選び方を徹底解説

  1. ホーム
  2. 防犯面も考えた施工

防犯面も考えた施工

一軒家

意外と多い空き巣被害

沖縄は太陽の日差しが強い地域として知られています。人の肌は紫外線でダメージを負う事は、多くの方がご存じでしょう。実は紫外線、人の肌だけでなく家の外壁にとっても大敵です。外壁は常にダイレクトに紫外線を浴び続けています。沖縄のように日差しが強い地域は、紫外線によって外壁の塗膜が剥がれやすいのです。塗膜がある事で外壁の防水性や耐久性は保たれているので、紫外線のダメージを受け続けてしまうと、家の劣化は止まりません。そこで、検討したいのが外壁塗装です。外壁塗装は塗料を塗り、剥がれてしまった塗膜を再生させるリフォームで、沖縄ではこの外壁塗装による家のメンテナンスが欠かせません。外壁塗装を行う事によって、紫外線の劣化を改善できるだけでなく、紫外線や雨、風といった自然のダメージから外壁を守る事が出来ます。沖縄には約200社程度、外壁塗装を行う業者があるようです。外壁が色あせてきた、カビが生えているなどのトラブルがある場合、外壁塗装でメンテナンスを行いましょう。リフォームを頼む業者は、防犯面もしっかり考えた所を選ぶ事をおすすめします。外壁の塗装と防犯、あまり関係ないように思われるかもしれません。ですが、外壁塗装の施工中に空き巣被害に遭う家は、意外と多いようです。塗装は高い所にも塗料を塗らなければいけないため、足場を組みます。そして塗料が周囲に飛び散らないよう、養生シートを張るのです。足場を伝って室内に侵入しやすい、養生シートによって死角が出来てしまう事から、場合によって空き巣に入られてしまいます。業者の中には防犯面を考え、施工中は防犯カメラを設置してくれる所もあるようです。このように、防犯面まで考えて施工を行ってくれる業者であれば、安心して頼む事が出来るでしょう。