外壁塗装で家を長持ちさせる|優良業者の選び方を徹底解説

一軒家

防犯面も考えた施工

沖縄で外壁塗装を業者に依頼する場合、防犯面までしっかり考え対策してくれる所を選びましょう。外壁塗装は足場を組み、さらに養生シートで家を囲みます。空き巣にとっては死角が多く、さらに足場によって室内に入りやすい環境なのです。業者の中には施行中、防犯カメラを設置して防犯対策をしてくれる所もあります。

作業員

口コミなどを参考にしよう

蒲郡市内で、家の外壁塗装を行う場合、最初の業者選びはとても大事な事です。優良な業者を選べるかどうかで、仕上がりに大きな差が出てきます。どのように優良な業者を選んだらよいかと言いますと、口コミ評判を参考にすること、そして、相見積もりで料金がお手頃な業者を選ぶ事がポイントです。

家を守る工事です

夫婦

春と秋の時期が最適です

戸建住宅の外壁塗装の周期は、10年から15年程度といわれています。戸建住宅の外壁や屋根などは、雨、風、紫外線などにさらされ、日々劣化しています。外壁の一部にひび割れやコケやカビなどが発生する場合があります。これらの症状を放置した場合には、住宅の建物そのものが腐ったりする場合があります。外壁塗装を行うことで、住宅の外壁や屋根を正常な状態に保ち、家の寿命を長くします。外壁塗装を行う場合には、外壁塗装の専門業者に作業を依頼することになります。外壁塗装を行う場合には、仮設の足場を組んだ上で、下地処理、下塗り、上塗りなどの作業を行うこととなり、その費用も100万円以上になる場合があります。外壁塗装の業者を選ぶ際には、複数の業者から見積りを取ったり、工事内容やどのような塗料を使用するかなどの説明を受ける必要があります。外壁塗装代金は、使用する塗料によって大きく異なる場合があります。外壁塗装に使用される一般的な塗料は、シリコン系の塗料です。また、工事の見積書の内容についても、十分に検討する必要があります。業者の中には、工事代金一式などと記載する業者もありますので、内容を十分に確認する必要があります。外壁塗装では重ね塗りを行うことになります。重ね塗りを行う場合には、塗料の乾燥時間を十分にとる必要があります。外壁塗装を行うベストシーズンは、比較的気候が安定する時期です。3月から5月までの春と9月から11月までの秋のシーズンが、ベストです。

ハケ

施工の流れを見てみよう

京都の業者が外壁塗装を行うときは足場を組んでから高圧洗浄機で家全体の汚れを除去します。サイディングやサッシ周りのコーキングを打ち直して塗装しない部分を養生し、下塗りに中塗り、上塗りと乾燥時間を挟んで順に塗っていきます。最後は現場監督が不具合がないかを確認して足場解体、清掃で工事完了です。